ムダ毛の自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理をするときの注意点

ムダ毛の自己処理

自己処理(じこしょり)は、脱毛について言うときは、ちょっと特殊な意味を持つ用語です。


ムダ毛の「自己処理」とは、恋肌(こいはだ)のような脱毛サロンで施術するわけでは無く、自分自身でムダ毛を取り除く行為全般を指しています。


この自己処理が面倒で恋肌(こいはだ)のような脱毛サロンに通おうと思う人も多くいますね。


それでも、脱毛サロンの脱毛施術が終わるまでの間は、自己処理が必要ですので、ムダ毛の自己処理について正しく理解しておくことは重要です。


できる限りムダ毛を抜くのは避けた方が良いです

ムダ毛を抜くのは避けた方が良い

最初に覚えておいた方が良いのは、ムダ毛を抜くのはできるだけ避けた方が良い、ということです。


理由は、ムダ毛を抜くと肌にかかる負担がとても大きいからです。


毛抜きでムダ毛を抜くと、毛根部に柔らかい組織が付着しているのが分かると思います。これは毛根部の周辺組織で、ムダ毛を引き抜いてしまうと、皮膚を破りとるような状態となってしまうのです。


これが、さまざまな炎症のもとになってしまい、肌の状態も悪化させてしまうため、ムダ毛を抜くのはできるだけ避けた方が良いのです。


ムダ毛を抜く系統の自己処理方法としては、毛抜きは当然として、ほかに、脱毛ワックス、脱毛テープなどがあります。


脱毛ワックスは最近一部で人気ですが、大規模にムダ毛を引き抜くことに他なりませんので、できるだけ避けた方が良い自己処理方法です。


正しく使えばカミソリがベスト

カミソリ

では自己処理方法は何が良いの?ということですが、正しく使えば、カミソリがベストの自己処理方法と言って良いでしょう。


カミソリで剃ると、ムダ毛の毛根部はそのまま残り、ムダ毛を途中からカットすることになります。もちろん肌に刃が当たって負担をかける部分もありますが、毛根を抜くことに比べたら、肌にかかる負担はずっと低くて済みます。


同じ理由で、電気シェーバーもおすすめです。ムダ毛を途中からカットする系統に入る自己処理方法としては、カミソリ、電気シェーバーのほかに脱毛クリーム(除毛クリーム)もあります。


脱毛クリーム(除毛クリーム)は薬剤でムダ毛を溶かすものですが、比較的強い薬剤が用いられることがありますので、自分の肌との相性には注意しましょう


自己処理前後のケア

蒸しタオル

自己処理前後のケアも大切です。基本的な流れはこちらです。


@自己処理前には温めて、ムダ毛を柔らかくして毛穴を開かせる。
A自己処理後には冷やして肌を引き締める。
B最後に保湿ケアを行う。


こうしたケアには蒸しタオルを使うと便利です。


蒸しタオルは自宅でも簡単に作ることができます。水に濡らしたタオルをラップで包み、電子レンジで30秒ほど温めたらできあがりです。


蒸しタオルは、温かいうちは自己処理前のケアに使えて、冷えてきたら自己処理後のケアにも使えます。自己処理前後のケアをしっかり行って、肌のトラブルをできるだけ起こさないようにしましょう♪


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)新潟東大通店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!