ムダ毛の構造

ムダ毛の構造

ムダ毛の構造

恋肌(こいはだ)のような全身脱毛サロンに通うなら、ムダ毛の構造についても理解しておきましょう。

 

ムダ毛の構造を理解するうえで重要なのは、脱毛を考えると目で見えるムダ毛が無くなることが重要だけど、ムダ毛の構造上で重要な部分は目に見えないところにあるということです。

 

断面図に書かれている用語を、順に解説して行きます。

 

毛幹と毛根の区分

ムダ毛の毛穴から出ていて目に見える部分を「毛幹(もうかん)」と呼びます。一方、毛穴の中にあって目に見えない部分を「毛根(もうこん)」と呼びます。

 

脱毛を美容の観点から考えると、毛幹部が無くなることが重要になりますが、ムダ毛の重要な機能はすべて毛根部にあります。

 

毛根部の各機能

毛根部には、ムダ毛の機能が集中しています。まず一番外側に、「毛包(もうほう)」と呼ばれる袋状の組織があります。毛包が皮膚表面に開いている部分が「毛穴(けあな)」です。

 

毛包の奥には、「毛母細胞(もうぼさいぼう)」がぎっしり詰まっています。毛母細胞は、人間の細胞の中でももっとも細胞分裂が速いもので、このためムダ毛は体感できる速度で伸びていくわけです。

 

毛母細胞の奥にあるのが、「毛乳頭(もうにゅうとう)」です。構造的には、果物の実の部分が毛母細胞で、果実の種が毛乳頭のようなイメージです。毛乳頭は、毛細血管から栄養を摂りいれて、毛母細胞に渡しています。

 

脱毛施術は毛乳頭がターゲット

光脱毛とかレーザー脱毛のような光を照射する脱毛施術はすべて、毛乳頭をターゲットに脱毛施術を行います。

 

照射した光の熱で、毛乳頭の働きにダメージを与えて、毛母細胞に栄養が行き渡らないようにして、結果的にムダ毛が成長するのを防ぐという仕組みです。

 

全身脱毛の施術を受ける時、効いているのはじつは毛乳頭なんですね。ここを知っておくと、脱毛についての理解が一つ深まると思います。

 

全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)新潟東大通店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!